アウトドアとカフェ 甘酸辛苦 kansanshinku

アウトドアとコーヒーに関する情報や体験を多摩エリアから

view raw

ペットボトルに入ったコーヒー豆 COFFEE HUNTERS

昨日久しぶりに新宿伊勢丹へ。

そこで試飲などを出していたmicafeto ミカフィートのCOFFEE HUNTERSを買いました。

f:id:kansanshinku:20160303173139j:plain

他の有名店の豆もあり、本当はそちらを買うつもりだったんですが、出店ブースで実際にコーヒーの香りを比べたりしたらとても良い感じで店員さんにもいろいろと説明していただいたので。

何種類かあったのですが今回は「エルサルバドル セルバ・ネグラ農園のケニア種」

f:id:kansanshinku:20160303173255j:plain

そしてこのコーヒー、ペットボトルに入ってるんです!

f:id:kansanshinku:20160303173408j:plain

なぜペットボトル?

鮮度や香りを閉じ込めるのに最適なようです。

もっと高級な豆はスパークリングワインの瓶に入ってました。

普通、焙煎した豆の入った袋にはガスが抜けるように通気口があります。

ペットボトルなのでその穴は無く破裂しないのか心配ですが、強度があり炭酸用のペットボトルを使用することで問題ないとのことです。

f:id:kansanshinku:20160303174118j:plain

そして開封すると「プシュ」という音と共に一気にコーヒーのフレッシュな香りが広がります。

これはペットボトルならではですね。

f:id:kansanshinku:20160303185630j:plain

 写真では香りが伝わりませんが、詳細を読むと「ビターチョコレート、ミルク、プルーン、オレンジピール」の香りとあります。

ミルクの感じはわかりませんでした...。

まだまだ勉強不足で他の香りも「んん?」「これかな?」と探りながらです。

f:id:kansanshinku:20160303190001j:plain

両面に詳細が書かれてます。

裏面はHUNTERS STORYとしてこの豆との出会いについて。

f:id:kansanshinku:20160303190251j:plain

 豆は粒が大きく揃っていてキレイ。

このへんは流石ですね。

それでは淹れてみます。

f:id:kansanshinku:20160303190428j:plain

お湯を注ぎ蒸らしているときの様子です。

しっかりした膨らみから豆の鮮度と良質さがわかります。

f:id:kansanshinku:20160303190643j:plain

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、コーヒーオイルがしかっり出ました。

味は「ミルクチョコレートの風味とフィナンシェのように甘く重量感のある味わい」と書かれてます。

淹れ方が未熟だからでしょうか?重量感をそこまで感じることが出来ませんでしたが、心地よい酸味と後味が印象的でした。

 

この違いをしっかり感じ取れるように精進したいと思います。